凪咲

<凪咲の読み>

<「なえみ」の読みに込められた想い>

まだ、内容がありません。

<「なぎさ」の読みに込められた想い>

渚、汀と書く。静かな海や、晴れた日の爽やかなビーチを想像させられる言葉。ロマンティックなイメージもある。「元気で爽やかな子に」「穏やかな浜辺のように、温厚な子に」のような願いをこめる。

<「なさ」の読みに込められた想い>

アメリカ航空宇宙局「NASA」から。

<「」の漢字に込められた想い>

凪(なぎ)、凪ぐ(なぐ)とは、朝と夕方、陸と海の気温が同じになって、風が止む現象のこと。無風で、静か、しかも、波立っていないという状態のことをいう。風の行き来のため、朝凪、夕凪がある。特に、夏の夕凪は風が止むため、とても暑くなる。
「凪」の漢字は、日本で生まれた漢字で(国字)、「なぎ」が風が止む状態であることに由来している。
願いとしては、「穏やかな、平和な人生が送れるように」のようなものがよさそう。


<「」の漢字の熟語など>

夕凪:「ゆうなぎ」。夕方の凪。風が止むので、とても暑くなる。夏の季語。
朝凪:「あさなぎ」。朝の凪。夏の季語。

<「」の漢字に込められた想い>

「花のような明るい人生に」。「微笑みが絶えない人生になるように」。
「咲」は、「咲く」という意味のほかに、ほほえむ、という意味がある。名のりで「咲=えみ」とも読むのはこのためだ。実は、「咲」は、「笑」の古字で、笑も咲も、もとの漢字は同じ。そのため、笑の熟語は多くあるが、咲の熟語はほとんどなく、基本、「咲く」と読むだけだ。
なお、「笑」と「咲」は、厳密には少しニュアンスが違っている。「笑」は、声に出して笑う、こと。「咲」は、ニコリと穏やかにほほえむ、だ。少しニュアンスが違うので、覚えておきたい。
女の子では、トップ10に入る、人気漢字。最近では、花が咲く、という意味以外に、笑顔をイメージして名づける例も増えている。

<想いタグ>

穏やか・優しい
爽やか

純粋・素直

<イメージタグ>

主な一字になる漢字・女の子

主な一字になる漢字・女の子
主な止め字・男の子
主な止め字・女の子
人気の漢字・女の子50
『5つのコースから名前を考える』

(1)響きからコース

○○な印象の名前にしたい
○○と呼びたい

(2)漢字からコース

あの漢字を使いたい
漢字一字の名前が良い

(3)想いからコース

○○な子に育ってほしい

(4)イメージからコース

花の名前が良い
音楽に関連する名前が良い

(5)その他コース

兄弟で関連した名前をつける